headband

総コレステロールを下げる方法 禁煙

HOME >> 総コレステロールを下げる方法に禁煙があるってホント?

総コレステロールを下げる方法に禁煙があるってホント?


総コレステロールを下げる方法に、禁煙があると言うのは、ホントです。

タバコと総コレステロール。

一見すると、無関係のような気がしますよね。

けれど、タバコは「百害あって一利なし」と言われている通り、私たちの健康の害でしかありません。

まず、タバコにはニコチンが含まれています。

タバコを吸う事で、このニコチンが体の中に吸収されます。

すると、このニコチンの作用によって中性脂肪の合成が促され、中性脂肪の値が増加していくのです。

中性脂肪の増加は、悪玉コレステロールの上昇に繋がりますので、結果として総コレステロールの値が高くなってしまう訳ですね。

タバコを吸っている方で、総コレステロールの値が高いと診断されたら、すぐにでも禁煙される事をおすすめします。

禁煙すると動脈硬化も予防できるの?


禁煙すると動脈効果も予防できます。

タバコは、総コレステロールの値を上昇させる原因となりますが、その中でも悪玉コレステロールの値が高くなります。

悪玉コレステロールの値が高くなる事で最も危険なのが、動脈硬化です。

体内で余ってしまった悪玉コレステロールは、血管の内部に入り込み、徐々に内部にくっついていきます。

すると、血管の周りに壁ができたように細く、そして狭くなります。

また、血管の弾力も無くなりますので、ちょっとした刺激でも、血管が破れてしまうようになります。

これが、動脈硬化です。

動脈硬化の特徴は、自覚症状がない事。

だから、命の危険のある心筋梗塞や脳卒中が、急に発症してしまうのです。

総コレステロールが高いと診断されたら、もしかしたら既に動脈硬化が進行しているかもしれません。

予防の為にも、早目に禁煙を検討してくださいね。

糖尿病も禁煙で改善できるの?


糖尿病も禁煙で改善できます。

まず、研究の結果、タバコを吸っている事で、2型の糖尿病に掛かるリスクが1.4倍にアップする事が判明しています。

これは、吸っているタバコの本数が多ければ多い程、糖尿病に掛かるリスクも高くなる、と言う事でもあります。

理由は、タバコを吸う事によって交感神経が刺激され、血糖値が上昇するからです。

また、タバコに含まれている成分によって、体内のインスリンの働きが妨げられる作用がある事も分かっています。

これらの事により、糖尿病を発症しやすくなってしまうのです。

その為、タバコを吸っている方であれば、禁煙する事によって糖尿病を発症するリスクを下げる事ができますし、改善も期待できます。

禁煙すると食事が美味しくなって肥満になるから、糖尿病を発症しやすくなる、といった事も耳にします。

けれど、それよりもタバコを吸う事によって糖尿病発症リスクの方が、より大きいと言えるでしょう。

当サイトの人気記事

pagetop