headband

総コレステロールを下げる方法 卵

HOME >> 総コレステロールを下げる方法で卵って関係ある?

総コレステロールを下げる方法で卵って関係ある?


総コレステロールを下げる方法で、卵は関係あります。

会社の健康診断などの血液検査で、総コレステロールの値が高いと診断された場合、まずは運動や食事によるコレステロールのコントロールを勧められると思います。

総コレステロールの値が高いからといって、すぐに病気になる訳ではありません。

コレステロールのひとつである、悪玉コレステロールが血管の内側にへばりつく事によっておこるのが、動脈硬化。

この動脈硬化が進行する事によって、命の危険もある、脳梗塞や脳卒中、また心筋梗塞を発症してしまうのです。

総コレステロールの値が危険なレベルでなければ、まず食生活を見直す事で、総コレステロールを下げます。

具体的には、コレステロールが多い食品を避ける事ですね。

牛肉や豚肉といった動物性脂肪が含まれているもの、レバー、食用油にもコレステロールは多く含まれています。

また、卵にも注意が必要です。

卵、特に卵黄には多くのコレステロールが含まれている為、卵はもちろんですが、卵黄を使用したマヨネーズやカスタードクリームといった加工品は食べ過ぎないようにする事です。

卵は、多くの食品に使用されているものですので、総コレステロールを下げようと思っているのであれば、できるだけ避けるようにしましょう。

総コレステロールを下げたいなら卵は1日何個まで?


総コレステロールを下げたいのならば、卵は1日1個程度に抑えてくださいね。

卵は、コレステロールが多く含まれている食品として知られています。

その為、総コレステロールを下げたい時には、卵は食べない方がいい、と思われているかもしれません。

確かに、卵に含まれているコレステロールの量は多いです。

けれど、だからといって、卵に含まれている栄養素を無視する訳にはいきません。

卵には、良質なたんぱく質やビタミン、ミネラルといった、生きて行く上で必要なあらゆる栄養素が含まれています。

卵を食べる事によって、十分な栄養を摂取する事ができるのですから、そんな栄養食品を全く食べないなんて、もったいないですよね。

いくらコレステロールが高い食品だからといって、1日に1個程度であれば、全く問題ありません。

安心して、食べるようにしてください。

魚の卵が総コレステロールを下げるってホント?


魚の卵が総コレステロールを下げると言うのは、ホントです。

魚の卵も、コレステロールが多い食品として挙げられています。

それなのに何故、総コレステロールを下げてくれるのか、疑問ですよね。

まず、魚の脂にはEPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)といった、総コレステロールを下げてくれる成分が含まれています。

同じように、魚の卵にも、このEPAやDHAが豊富に含まれているのです。

その為、魚の卵を食べる事によって、総コレステロールを下げる効果が期待できます。

よく、卵を食べるとコレステロールが高くなる、と言われていますが、卵は卵でも、それは鶏卵の方。

鶏の卵と魚の卵とでは、含まれている栄養素も異なります。

もちろん、魚の卵を食べ過ぎるのは問題です。

けれど、適量であれば総コレステロールが高くても、安心してイクラやタラコを食べてください。

当サイトの人気記事

pagetop