headband

総コレステロールを下げる方法 サプリメント

HOME >> 総コレステロールを下げる方法でサプリメントって効果的?

総コレステロールを下げる方法でサプリメントって効果的?


総コレステロールを下げる方法で、サプリメントは効果的です。

もちろん、サプリメントを飲むだけで総コレステロール値が簡単に下がる訳ではありません。

毎日の食事内容や生活習慣を改善させる事が、最も重要ですね。

そして、それらの効果をより効率良くしてくれるのが、サプリメントの存在なのです。

例えば、普段からコレステロールを気にした食事をしていたとします。

けれど、毎日、魚や野菜、きのこや海藻をバランスよく食べるのは難しいですよね。

そんな時でも、サプリメントであれば、毎日手軽に総コレステロールを下げる効果のある栄養素を摂取する事ができます。

食事で不足した分を、サプリメントで補う事ができるのです。

総コレステロール、特に悪玉コレステロールの値を下げてくれる効果のあるサプリを利用する事で、普段の食事や運動による総コレステロール値の改善を、より早く実感できるようになるでしょう。

総コレステロールを下げるサプリメントで配合されている成分って?


総コレステロールを下げるサプリメントで配合されている成分には、次のようなものがあります。

・EPA(エイコサペンタエン酸)
・DHA(ドコサヘキサエン酸)
・ナットウキナーゼ
・キトサン
るS-アリルシステイン

EPAは、人間の体内では作る事ができない為、食べ物から摂取する必要のある必須脂肪酸のひとつです。

EPAには、血管が詰まってしまう原因となる、血小板が固まるのを防いでくれる効果があります。

その為、EPAを摂取する事で血液がサラサラになり、動脈硬化を予防してくれるのです。

DHAもまた、人間の体内では作る事ができない必須脂肪酸のひとつ。

DHAには、血液中のコレステロールを排出してくれる効果があり、EPAと同じように血液をサラサラにしてくれます。

特に、悪玉コレステロール増加の予防に関しては、EPAよりも効果的である事が分かっています。

ナットウキナーゼは、納豆のネバネバ成分。

血管内にできてしまった血栓を、溶かしてくれる効果が期待できます。

また、腸の中の善玉菌を増やして悪玉菌を減らす効果もある為、体の毒素を排出しコレステロールを分解してくれる肝臓の負担を減らします。

キトサンは、「キチン」と呼ばれている不溶性食物繊維を、体内で消化吸収できるよう脱アセチル化したもので、総コレステロールの値を下げ、善玉コレステロールを増加させる効果があります。

便通を良くする事でダイエット効果も期待できる為、中性脂肪の減少や血圧の正常化、またデトックス効果があるとされています。

総コレステロールを下げるサプリメントを飲む期間はどのくらい?


総コレステロールを下げるサプリメントを飲む期間は、少なくとも3ヶ月以上は続ける必要があります。

どんなサプリメントもそうですが、サプリメントには副作用の心配がない為、効果が実感できるまでには時間が必要です。

また、総コレステロールを下げる方法として食事や運動を選んだ場合でも、その効果が数値となって現れるまでには、3ヶ月から半年は掛かると言われています。

もちろん、効果には個人差がありますので、食事や運動と併用してサプリメントを利用した場合には、1ヶ月で体調の変化を実感できるケースもあります。

もし、すぐにでもコレステロールの値を下げなければならないのであれば、サプリメントではなく、医師の処方が必要な医薬品を利用するようにしましょう。

当サイトの人気記事

pagetop